読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『沈黙』日本版予告解禁 思わず目を覆うキリシタン弾圧下の長崎

エンタメ

f:id:chanpe0810:20161221135343j:plain

マーティン・スコセッシ監督がメガホンを取った映画『沈黙-サイレンス-』の日本版予告編が解禁。

物語の舞台となっている長崎で行われていた、目を覆いたくなるほどのキリシタン弾圧の様子が明らかになった。

 

本作は、スコセッシ監督が1988年に原作と出会ってから28年、映画化を希望し、長年に渡りあたため続けてきた待望の企画。

17世紀の江戸初期を舞台に、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、日本にたどり着いた若き宣教師・ロドリゴアンドリュー・ガーフィールド)の目に映った想像を絶する日本の光景を通じて、人間にとって本当に大切なものとは何かを壮大な映像で描く。

 

解禁された予告編には、敬虔な信者であるモキチ(塚本晋也) が荒波の中で水磔に遭うシーンや、奉行の井上筑後守(イッセー尾形)が毅然とした態度で行う村人への厳しい追及、そして沈黙し続ける主に思いのたけをぶつけるロドリゴの姿などが収められている。

 

予告編と同時に、2枚の場面写真も解禁。1枚は、長崎奉行の追跡を逃れて山中をさまよう中、キチジロー(窪塚洋介)が自らの罪を告白してロドリゴに赦しを請う告解のシーン。

そしてもう1枚は、奉行所に囚われたロドリゴと、彼に“転べ”と迫る通辞(浅野忠信)の姿をとらえている。

本年度のアカデミー賞では最有力と目されている本作。ハリウッドと日本が融合した壮大な物語に期待が高まる。

 

映画『沈黙-サイレンス-』は、1月21日より全国ロードショー。