読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土屋太鳳、佐藤健『8年越しの花嫁』W主演で映画化決定

f:id:chanpe0810:20161211120230j:plain

動画投稿をきっかけに一気に話題が広がり、2015年7月には「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」として書籍化もされた、あるカップルに起きた実話が、佐藤健土屋太鳳のダブル主演により映画化されることが決定した。

タイトルは『8年越しの花嫁』。

 

結婚を約束した一組のカップル、尚志と麻衣。結婚式の3ヵ月前、突然の病気が麻衣を襲い、長い昏睡状態に。

それでも尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。その祈りが届いたのか、麻衣は徐々に意識を取り戻すが、記憶障害により尚志の記憶を失う。

ショックを受けながら、それでも諦めず来る日も来る日も麻衣のもとへ通い続ける尚志。そして、8年の年月が経った頃、ついに2人に奇跡が訪れる…

 

本作のモデルとなったのは、岡山県の中原尚志・麻衣夫婦。交際から2年目の記念日にプロポーズ、挙式を待つ中麻衣を突然病が襲う。

そして長い昏睡状態とその後のリハビリを経て、8年後に晴れて挙式。その時の映像が「ユーチューブ」に投稿され、瞬く間に口コミで広がり話題となったという。

 

今回、尚志役を佐藤が務め、麻衣役を土屋が演じる。2人の共演は、映画『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』以来、3年ぶり。

カップル役は今回が初となる。メガホンをとるのは、『64 ロクヨン前・後編』などを手がけた瀬々敬久監督。

脚本を担当するのは、来年のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の脚本も手がける脚本家・岡田惠和

 

「現実にこんな人生が有り得るのかと、心が震えました」と、このドキュメンタリーに感動した佐藤は「この、あるカップルに舞い降りた奇跡の実話を、少しでも多くの方に伝えたいという想いで、この役を引き受けさせて頂きます」と出演への意気込みを語る。

 

また土屋も佐藤と同じくモデルとなった2人の奇跡に感銘を受けるとともに、再び共演する佐藤に「魂を削り役を生きる背中は、常に私の目標です。全力で、ぶつかります」と、熱い思いを伝えている。

 

映画『8年越しの花嫁』は2017年冬より全国公開。