読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北川景子&二階堂ふみ、姉妹役で初共演 渡辺謙主演のホームドラマ

f:id:chanpe0810:20161124120842j:plain

俳優の渡辺謙を主演に迎え、MBS開局65周年記念、新春ドラマ特別企画『しあわせの記憶』が、来年1月8日(後9:00~2時間スペシャル)にMBS・TBS系で放送される。

女優の北川景子二階堂ふみが姉妹役で初共演し、母親役で麻生祐未が出演。

セカンドバージン』(NHK)、『家売るオンナ』(日本テレビ)などを手掛けた脚本家の大石静氏が「家族って何?」という王道のテーマに挑んだ、年初めにふさわしい、清々しい爽やかな気持ちになれるホームドラマだ。

 

主人公の太郎(渡辺)は、事業の失敗から妻・純子(麻生)と離婚し、長女・夏波(北川)、次女・冬花(二階堂)も残して、一人、家を出た。

それから早や5年。しばらくぶりに舞い戻った太郎は、別れた妻の再婚話や悩める2人の娘の生活に首を突っ込んで…。

時に迷惑がられ、波乱を巻き起こす男の愚直な行動に、家族や周囲の人々は、やがて自分の本当の気持ちに気づかされていく。

 

渡辺は「新春ということで、脚本を読んだとき、こんな“ダメ男”の話でいいのかと不安になりました(笑)。

ドラマを作り上げていく段階で、いまはいろんな形態の家族が世の中に存在しているので、逆にすごくリアリティーを感じるのかもしれないという気がしています」と感触を語る。

 

「俯瞰(ふかん)で家族を見られるホームドラマをやりたいという思いの中で、自由人な一方、どこか家族思いという父親役は、何としても渡辺謙さんにやっていただきたかった」と志村彰プロデューサー。

 

どこからともなく元の家族が暮らす家に戻ってきた風来坊で、不器用なところがある太郎を「現代版の寅さんのような感じで演じています」と渡辺。

「いままでにない不思議な形のドラマになっていると思います。ほっこりして笑えるところもあり、シリアスに家族を振り返るところもあり、家族で観られるほんわかしたドラマです。

(ドラマの中にでてくる家族を見て)『うちはまだましかな?』と思っていただけると思います(笑)」と話している。

 

プロデューサー兼演出の竹園元氏は「放送局の開局記念ドラマということで、テレビドラマの原点である“ホームドラマ”にこだわり、かつ原作に頼らない“テレビ発”のオリジナルの物語を作りたいと思い、企画しました。

タイプの違う芸達者なキャストの皆さんに恵まれ、現場ではどんどん物語が膨らみ、これからの新しい家族の形を提示します。堂々の自信作となっています」とアピールしている。