読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ガキ使』年越し特番、今年は“科学博士”

エンタメ

 

12月31日に日本テレビ系で放送される『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』大みそか年越しスペシャルのタイトルが『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』に決定した。

 

f:id:chanpe0810:20161116075756j:plain

 

ダウンタウンやココリコ、月亭方正らおなじみのメンバーが、笑ってしまうときつ~いお仕置きを受ける“笑ってはいけないシリーズ”も今年で11年目に突入。

 

今回「新人科学研究員」に扮した5人は『ガースー黒光り科学研究所』を舞台に過酷な笑撃トラップに挑む。

 

 

科学研究所という設定で起こり得る数々の訓練やイベントはもちろん、移動中のバスの中で仕掛けられたネタなど、“絶対に笑ってはいけない”トラップに加え、“驚いてはいけない”ブロックも設け、バラエティーに富んだ笑いを届けていく。

 

11月上旬、関東近郊のある廃校になった中学校2校を貸し切って行われた撮影では、総スタッフは400人にものぼり、さまざまな仕掛けに対応すべく参加したエキストラは80人、CCDカメラ台数は昨年より50台増えた230台と、壮大かつ長時間のロケを敢行。

 

今年は同局ドラマ班ともタッグを組んだゲストが続々登場するほか、板尾創路蝶野正洋、そしてメンバーの身内など大みそかSP常連さんやドラマともなんの関係もないイケメン俳優、今年再ブレイクした芸人などバラエティーに富んだ面々が集結する予定だ。

 

 

大友有一プロデューサーは「今回は科学者という設定で色々な科学実験をモチーフにした仕掛けも数々行いました。

それと、ドラマ班の協力も有り今回の刺客はとにかく豪華! プロデューサーとしてもロケをやっていてとても楽しかったです」と手応えをみせる。

 

 

一方でロケ終了後、浜田雅功は「寒さが身に沁みました!」とあっさり。

 

松本人志は「相方の女装趣味にいつまで付き合わないといけないのかなと思いますけど、好きなんだからしょうがないですね。性癖は治らないなって思います」と切り捨て「“科学的に”僕らのお尻は大丈夫かな…」とテーマに引っ掛け、心配している。