読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トム・クルーズ、池松壮亮と13年ぶり再会

 

 

米俳優のトム・クルーズ(54)が8日、都内で行われた映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の来日記者会見に出席した。

 

 

ゲストとして、クルーズが主演した映画ラストサムライ(2003年)で映画デビューを飾った池松壮亮(26)が登場。

13年ぶりの再会を果たし、笑顔で握手を交わした。

 

 

f:id:chanpe0810:20161109080521j:plain

 

 

当時12歳だった池松は、クルーズが演じた主人公と心を通わす飛源役で共演。

 

f:id:chanpe0810:20161109080931j:plain

 

クルーズは、現在数々の映画で主演を務める池松の活躍に「驚きません。あの頃からすばらしい演技をしていた」と称え、飛源と別れるシーンについて「パーフェクト。彼の演技をみて本当に感動しました」と振り返った。

 

 

ラストサムライ』に続き、本作でもクルーズとタッグを組むエドワード・ズウィック監督(64)もそのシーンを「ベテランでも難しいのに、1テイク目から完璧だった」と絶賛したが、池松は撮影直前に脚本を書いたという当時のことを「覚えていないです」と苦笑。

 

 

それでも、「あの頃は俳優になるなんて思っていなかった。2人に出会えたことで僕の人生が変わった」と感謝を込め、同作について「2人のタッグはやっぱり特別。『ラストサムライ』以来のすばらしい映画とキャラクターを生み出してくれた」と感想を伝えた。

 

 

同作は、リー・チャイルド氏のベストセラー小説を映画化した『アウトロー』の続編。

 

元米軍エリート秘密捜査官にして今は街から街へと放浪を続ける一匹狼、ジャック・リーチャーをクルーズが再び演じる。