読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zeebra、中学校でラップ授業 ヒップホップ文化の浸透に感慨「すごい時代になった」

エンタメ

f:id:chanpe0810:20170114081125j:plain

ヒップホップ・アーティストのZeebraが13日、東京・渋谷区の広尾中学校で同校の3年生クラスを対象に特別授業「日本語ラップ講座」の特別講師を務めた。

やや緊張した面持ちで教壇に立ったZeebraは「音楽の授業でラップを教えるなんて…すごい時代になったなと思います」と喜びをかみしめた。

 

 今回の授業は、幅広いジャンルの校外有識者を招いた特別授業の一環として実施。

ラップの魅力を伝えるべく、自ら実演して初歩的な韻の踏み方を指導しながら、生徒たちにも「じゃあ、自分の名前やニックネームを使って、韻を踏みながら自己紹介してみよう」と呼びかけるなど、和やかな雰囲気で授業を進めていった。

 

 生徒の作品の完成度の高さに「オォー」といった感嘆の声も上がる中、50分の授業が終了。

Zeebraは大役を務め終え「先生って、ずっと立っていると疲れますね」と照れ笑いを浮かべつつ「中学生のシャイだったりするところで、ギリギリのところでの授業だったんですけど、何とかなったかなと思います。思っていたよりも、グイグイ来てくれましたし、スゴく上手いものもありました」と手応えをにじませた。

 

 フリースタイルMC(即興ラップ)バトル番組『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日)をはじめとした、最近のラップブームについては「あの番組でやっているようなMCバトルブームが来ていて、高校生のラップ選手権とかもある。韻の踏んだ言葉同士の戦いみたいなものをわかって観ている子も多いので、言葉の作り方みたいなものが注目されているなと思います」と力説。

 

今後の展望に関しても「韻を踏むことによる、謎の説得力みたいなものを感じて、きょうも歓声が上がっていたんだと思うので、その辺をどんどん楽しんでもらえたらうれしいです。それぞれの立場から言える言葉もあるから、ラップは言論みたいなところもあると思っているので、今後も時間がある限りこのようなことをやっていきたいです」と目を輝かせていた。

小栗旬&西島秀俊、強力タッグで骨太アクション “構想5年”の企画実現

エンタメ

f:id:chanpe0810:20170113123552j:plain

俳優の小栗旬西島秀俊関西テレビ・フジテレビ系2017年4月期の火曜よる9時ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(仮題)」で、民放連続ドラマ初共演を果たす。

今作は、直木賞作家・金城一紀氏が手掛ける骨太なアクションエンターテインメント。家を揺るがす規格外の事件に立ち向かう、規格外の男たちの活躍を描く。

テロリスト、政治家、新興宗教、軍事スパイと、相手は想像をはるかに超える脅威ばかり。刻々とタイムリミットが迫る中、驚がくの展開が息つく暇もなく繰り広げられる。

 

小栗旬が2年半ぶりの連ドラ主演 構想に5年

小栗が演じるのは、公安機動捜査隊特捜班の稲見朗。小栗にとっては、2014年10月期の「信長協奏曲」以来2年半ぶりのテレビドラマ主演作となる。

さらに、稲見と共に特捜班に所属する田丸三郎を西島が演じる。

原案・脚本を手掛ける金城氏は、「GO「で直木賞を受賞。映像作品では映画「フライ,ダディ,フライ」や、「SP」シリーズ、小栗が主演を務めた「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」などの話題作を生み出しきた。

今作は、小栗を主演に据えて5年前から構想を練ってきた作品となる。

 

◆規格外の敵に立ち向かう

稲見や田丸が所属する特捜班は、各分野のスペシャリストが結集した警察庁警備局長直轄の秘密部隊。常識では計れない事件に脅かされる現代で、高度な政治的案件を扱うとともに、時には国家や政府の「汚れ仕事」もこなす組織。

人に言えない過去を持つ特捜班の面々が、自身の正義感と現実の間に挟まれ、苦悩しながらぶつかっていく姿を描く。

政治家殺害をたくらむテロリストや新興宗教団体、軍事スパイ、麻薬密売組織、そして本来国民を守るべき政治家も時として彼らの敵に。

うごめく巨悪と政治的な思惑とが絡まり合う国家の危機に、規格外の男たちが立ち向かう。

金城ならではの緻密な設定と情報を元に構築された一話完結型ストーリーの今作。

刻々とタイムリミットが近づく危機的状況で奮闘する特捜班の姿を、臨場感と迫力ある映像によって描き、ハラハラドキドキを味わえるエンターテインメント作品となっている。

 

小栗旬西島秀俊の役どころは?

小栗が演じる稲見は、元自衛隊員の捜査員。自衛隊時代のある特殊任務で心に深い傷を負い、除隊した過去があるが、それを隠すように周囲に明るく接している。

一方、西島が演じる田丸は、真面目で常にストイックな捜査員。かつて所属していた公安部外事課では、アジア関係のスパイ摘発や新興宗教団体に協力者を潜り込ませて動向を監視する任務に就いていたが、ある事件がきっかけとなり異動を命じられ、その後特捜班に引き抜かれた。

 

◆1年前からアクションの訓練

時に周囲の想像を超える派手な立ち回りで犯人を制圧する稲見と、常に冷静沈着な動きで犯人を追い詰める田丸。タイプは異なるが高い格闘スキルと判断力と正義感を持つ2人が繰り広げる激しい格闘シーンもドラマの見どころの一つ。

「カリ・シラット」という武術を習得している金城自身がアクションの監修を務め、さらに今作のために、小栗と西島は1年前から金城のもとで訓練を受けてきた。

壮大なプロジェクトとなる今作について、小栗は「何年か前に初めてこの企画の輪郭を聞いた時からいつか必ずやりたいと思っていましたが、実現することは難しいだろうと半ば諦めかけていたので、本当にここまで辿り着けて、とにかく携わっている全ての方々に感謝しています」と感激しきり。

西島については「以前お会いした時に『いつかアクションのある面白いものをやろう』と話をしていたので、こういう形で実現できてとても嬉しく思います」と共演実現を喜んでいる。

また、西島はアクションについて「普通の現場ならOKが出ているところでも、もっと質の高い動きを求められてなかなかOKを出してくれないので、僕は日々へこむ毎日です(笑)」と苦戦しているよう。

それでも「やっぱり小栗君のアクションがすごくて、文字通り体を張ったアクションに挑んでいますのでぜひ注目して欲しいです」とアピールし、そんな小栗について「『この現場を座長として引っ張っていくんだ』という力をすごく感じるし、みんなが小栗君のために動いているのは彼の魅力だと思います」と語り、賛辞を贈った。

 

<浪江町津島地区>「DASH村」復活 政府が支援へ

社会

東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域に指定された福島県浪江町津島地区の通称「DASH村」について、政府が再生を支援する方向で検討に入った。

原子力災害現地対策本部長の高木陽介経済産業相が12日、浪江町の馬場有町長と東京都内で会談し、復興の端緒が見えない帰還困難区域の農業再生と風評被害克服のシンボルとして「復活させたい」との考えを伝えた。

 

 関係者によると、高木氏は11日にも年始のあいさつ回りで地元新聞社2社を訪れ、DASH村を体験農園や復興記念館の形で再生させるアイデアを披露し、「5年後をめど」と時期を示した。

村再生に向けて近く町や県と協議を始めるという。

 

 DASH村は、日本テレビ系の人気バラエティー番組「ザ!鉄腕!DASH」で、アイドルグループ「TOKIO」のメンバーが古民家を舞台に畑を開墾したり、炭をおこして自給自足の田舎暮らしを体験したりした舞台として全国的に有名になった。

津島での撮影は2002年から始まり、多くの住民が田舎暮らしの「指南役」として製作に関わった。

 

 11年3月の原発事故当日もTOKIOのメンバーが滞在して撮影中だったが、事故で津島地区への立ち入りが禁止されたため、村での撮影は中断されたままになっている。

DASH村の土地は浪江町議の三瓶宝次さん(80)が無償で提供しており、原則的に立ち入りができない今も三瓶さんが警備会社を雇って管理を続けている。

 

政府は津島地区を含む帰還困難区域について、年内にも「特定復興拠点」を定め、集中的に除染などを進めて5年後の避難指示解除を目指す方針だ。

ただ、拠点をどの場所にどういう範囲で線引きするのか、各自治体との協議は難航している。

 

 津島地区は町の中心から約25キロ離れた山間部にある。DASH村は津島地区の動脈である国道114号から南に数キロ離れた山林を開墾した場所だ。

 

 8割の面積を帰還困難区域が占める浪江町は、かつて独立した村だった大堀、苅野、津島の各地域に復興拠点を設置するよう求めているが、(1カ所に絞りたい)国との認識の違いは大きいとみられている。

 

 馬場町長は高木氏との会談後、毎日新聞の電話取材に対し「DASH村を復興のシンボルとして再生してもらえるなら、町民の希望につながる」と歓迎した。

地権者の三瓶さんも「原発事故前にDASH村観光農園にして地域を活性化するのが夢だった。期待を持って国と町の協議を見守りたい」と話した。

 

長澤まさみ、キャバレー歌姫の大胆衣装 初ミュージカルに「幸せ」

エンタメ

f:id:chanpe0810:20170111080250j:plain

女優の長澤まさみ(29)が10日、東京・EX シアター六本木でミュージカル『キャバレー』の会見に出席。

キャバレーの歌姫を演じる長澤は、大胆に露出した胸元やガーターベルトが目立つ衣装で登場し、明日11日からの上演へ向けて「不安はありますが、素敵なカンパニーでできることが幸せ」と笑顔を見せた。

 同作は、1929年ナチス台頭前夜のドイツ・ベルリンを舞台に、キャバレー「キット・カット・クラブ」で毎夜繰り広げられる退廃的なショーと歌姫サリー・ボウルズの恋模様を描く。

 初のミュージカルに緊張しているかと思いきや、長澤は「ここにいる先輩方に支えられてきょうまで稽古をしてきました。楽しくできたので、稽古場と同じ気持ちをお客さんに届けたい」と余裕の表情。

 顔を白く塗り、奇抜な服装だった共演の石丸幹二は「ご覧の通り普通の人間ではない」と苦笑し、「日常にない世界に飛び込んで私も演じてみたい」とコメント。

長澤の恋の相手を演じる小池徹平は、「長澤さんとはべったり、ドキドキするシーンもある」と予告した。

 会見にはそのほか、小松和重村杉蝉之介平岩紙秋山菜津子、演出の松尾スズキが出席。11日より同所にて上演。

生駒里奈が「うるさい」批判に土下座謝罪

エンタメ

f:id:chanpe0810:20170110080010j:plain

アイドルグループ・乃木坂46生駒里奈(21歳)が、1月9日に放送されたバラエティ番組「人気声優200人が本気で選んだ! 声優総選挙3時間SP」(テレビ朝日系)に出演。

番組内での振る舞い、リアクションが「うるさい」「イライラする」などと批判を浴びた件について、公式ブログで土下座謝罪している。

9日付けのエントリー「全て承知の上でございます。」では、まず、「今日テレビ朝日さんにて放送しました、声優総選挙。

テレビを観ている全てのアニメ作品、声優さんを愛している方には、私が出てること、私の発言にいちいちイライラしたり、思わなくていい感情を起こさせてしまい本当に申し訳ありません」と謝罪。

続けて土下座している写真を添え、「私も、アニメ、漫画好きと言っております。その発言に関しては、お仕事の時、しっかり責任を持ってしているつもりです。何回も観て詳しいものもあれば、そうでないものも、もちろんあります。

今、乃木坂46で活動していて、ご縁があって頂いたお仕事です。皆さんに不快な思いをさせないように努めました。でも、その気持ちになるのもすごく分かります。本当に申し訳ありません。。。」と、重ねて謝罪の言葉をつづった。

そして「私は皆さんがお仕事をして家に帰ってアニメ観たり、グッズ買ったり、辛いけど、推しのために頑張ろうって思って毎日過ごしているかと思います。私のお仕事は、たまたまアイドルなので、お仕事も色んな種類があって、そのうちの一つでございます。

そのお仕事をしながら日々アニメにパワーを貰ったり、グッズの為に貯金したりしています。ほんとに、、何回声優さんに名前呼ばれてんだよそこにいんな帰れっ!! ですよねー(※泣き顔の絵文字)その時、心の中で謝りました、、」と続けた。

ただ、生駒としては「一応私は毎回2次元のお仕事の時、しっかり考えていますとだけは伝えたかったです!!」と説明。

最後は「すいませんでしたーーー!!!」「すいませんでした!!!」との言葉でエントリーを締めくくっている。

 

筧美和子が豊胸疑惑に言及

エンタメ

f:id:chanpe0810:20170108120926j:plain

モデルで女優の筧美和子が5日深夜放送のフジテレビ系「良かれと思って言わせて頂きます!」にゲスト出演。

視聴者の疑問を代弁するという体で、カズレーザー(メイプル超合金)が「豊胸はしてるんですよね?」と直球質問した。

 

苦笑いを浮かべた筧は「言われますけど、してないです」と疑惑を否定。

「高校生ぐらいから大きくなりだして、ずっとコンプレックスだったんですよ」と振り返り、「締めつけて隠してたら、そのせいで垂れちゃったりして。豊胸してる人ってあんまり垂れないから綺麗だと思うんですけど」とGカップのバストが自前であることを証言した。

 

爆笑問題・田中裕二、山口もえの妊娠を生報告「想定外だった」

エンタメ

f:id:chanpe0810:20170108120406p:plain

8日、生放送中のTBS系情報番組「サンデー・ジャポン」(日曜あさ9時54分)で司会の爆笑問題田中裕二(51)が妻・山口もえ(39)の妊娠を生報告した。

◆「サンジャポ」で生報告

同日朝、山口がブログにて妊娠を報告。田中は番組冒頭に吉田明世同局アナウンサーから「おめでとうございます!」と報道を紹介され祝福を受けた。

妊娠を知ったことのことを聞かれると「(山口が)ちょっと調子が悪いということで病院に行ったんですよ。それで検査したら想定外だったのですごくびっくりしました」とまさかの妊娠だったことを告白。

「すごいびっくりですが嬉しかったです」と笑顔を見せ、子どもたちも「すごい喜んでますね」と明かした。

 

◆2015年10月に再婚

田中は2009年に一般女性と離婚、山口も2011年に実業家の一般男性と離婚。

山口には前夫との間に長女と長男がいるが、田中は前妻との間に子供を授かっていないため、初の実子となる。

2人は、2015年10月に2人は再婚。それ以降は山口の2子とともに家族で暮らしている。

山口はブログにて「私事ではございますが新しい命を授かり安定期に入りましたのでご報告させていただきます」と妊娠を報告。出産は初夏を予定している。